ウメラのblog

タグ:女性用バイアグラ

またですか?
「股」ではない、いや、股にかかることですけど・・・・
などどいって茶化したくなる記事を見た。

女性用バイアグラとして申請三度目
なんのことでしょう?
はい。ダイフルカンですね・・・

ブー、ハズレ。
フリバンセリンです。

だからぁ、女性は勃起しないんだってばさぁ・・・。
いや、小さいけどあるよ、しっかり起つし、場合によっては男のあれより・・・

話がずれてますね。はい。反省。

と、何が言いたいのかというと、フリバンセリンを女性用バイアグラとして、認可させたいスプラウト社が再度FDAに申請したということです。
えっとぉ、フリバンセリンは抗欝剤ですよね。それで性行為の際にハイになって気持ちよくなることで、FSDの解決に使えると・・・。何か違う気もするし、それでもいいのかもという気もする。

で、確認していたら、更におかしいことが・・・・
簡単調べ物帳として使っているウィキでフリバンセリンを調べると、媚薬になってました。

えっとぉ、最近のネット情報って信用できないなぁ。
違う違う。まったく、フリバンセリンを再度女性用バイアグラに申請とか聞くと、つい過剰な反応をしてしまう。

確か、ドイツの会社で発明か発見されたフリバンセリンを、どこぞの会社がFSDの対応のクスリにつかえると見込んで買って、FDAの認可が下りなくて、「女性用の認可薬がないのは差別だ」とか言わせて、それでも駄目で、今回三回目でしょ。

通るのかなぁ?って感じ。女性用に認可されないのは差別だとかって言っちゃうような会社の薬って逆に怖いと思うんですけど。「性能的にこれだけの結果と安全性が担保されているのに何で?」っていうのが言い分なら、私も応援できるけど、男女差別になるから認めろって言うのは私には認められない。

女性のホルモン的な問題が起きれば、将来生まれてくるであろう子供への影響も心配されることになる。
これまでの流れを考えると、フリバンセリンをFSDのために認可するということはちょっと怖い気がする。

機能的に使うのであれば、血流をよくするバイアグラの成分を利用して女性用として考えなおして製造されている、ウメラではないだろうか?

シルデナフィルが日本でも解禁。
これについてもう少し考えてみよう。

何が可能で、なにが不可能なのか?
不可能というよりは、法的にどうなのだろうか?特に特に特許に関する部分でどう見るのかが重要である。
いずれにしても良く見なければならないのは、シルデナフィルは処方薬であることには変わりがないという点だ。
ジェネリックだろうと、ブランドであろうと、国内で購入をする場合には医者の処方箋が結局は必要となる。
その点で医師の手を通すわけであるので、その分は多少の根が付くことは仕方のないことであろう。

シルデナフィルという成分は血管を弛緩させる酵素を分解する酵素をを阻害するアイテムである。
二段階での否定みたいな感じである。

だが、それゆえに勃起のみを引き起こすだけの成分ではないと言える。
レバチオという医薬品はバイアグラとほとんど違いがない。
医者の指導の下、利用するアイテムなのだが、(心臓から肺にかけての高血圧対処用の医薬品であるので、利用は要注意である)この成分を利用して肺高血圧の対処薬を作ることは可能なのだろうか?

そんなことを考えながら、シルデナフィル利用の医薬品のチェックをしてみた。
レバチオ、バイアグラ、あとはトーワのシルデナフィル(勃起不全対処薬として)

まずは禁忌情報
バイアグラとトーワのシルデナフィルはほぼ同じであるが、レバチオは禁忌として扱われる医薬品が多い。
その理由は何であるのかはまだ判らないが、CYP3A4の阻害・若しくは誘導の医薬品が禁忌扱いと使用注意扱いの違いがあるようだ。
では、成分は?

シルデナフィルということで使われているが、それを固めるための成分などが加えられている。
レバチオとバイアグラの違いは、青色二号という着色料くらいしか違いが見えない。
配合の分量が違うのかもしれないが、それはさすがに企業秘密なのだろう。

ではトーワのアイテムは?
ちょっと変えてあるようです。
同じ成分と見られるものは2種類。

主成分が同じでも、香料を入れたり、凝固剤、崩御剤などを別々に入れてあるようです。
これまでのED治療薬として活躍してきたバイアグラと比べ、混ぜ込んだ別の成分がどのように関ってくるのか、それによって使い心地がどのように変わってくるのか?
副作用の感じ方も変わってくるだろうが、後から出した方は、やはり機動力が高いのだろう。

また、これを機に女性用としても再度取り組むところも出てくる可能性は高いと私は考えている。
どういう形で治験をするのかはまだ分からないが、そういったことも含めバイアグラの特許が切れたことで新たな動きが出始める予感がする。

今はまだ女性用のバイアグラはウーメラ程度だろうけれど・・・。

バイアグラの特許が切れたので、色々なメディアも何を書こうかとネタを探しているだろう。
性欲とお金の絡むこと、さらに最先端の医療など、人を曳き付ける要素が絡まっているからだ。

一方、女性用のバイアグラはどうなっているのだろうか。
実は、ここのサイトで書いてあることをきちんと読んでいれば、女性のための性的不全の改善薬というものがFDAでは認可されていないことが理解されているはずである。

それにも関らず、私は女性用のバイアグラなら、ウメラだと何度も書いている。
理由はこのサイトを何度も読んでいれば理解されると思うが、性器の周辺の血流を促すことによって性的な機能がきちんと働くという機序がバイアグラの働きと重ねることができるからだ。

その他の女性用バイアグラと言えるものは、ダイフルカンといわれるアイテム。だが、これは、膣内の潤いを増すと言うことで性行為の際に痛みが減ると言うものであり、本来の働きは感染症の緩和だ。

もう一件フリバンセリンという薬だが、これは性機能というよりは脳神経の分野だ。
考えようによっては媚薬ともいえるのだが、女性が性に対して否定的である場合に、その感情を減らして、性行為を肯定的に捉えるようにさせるようだ。

フリバンセリンを女性用のバイアグラとしてFDAに認可してもらいらしく、そのことでニュースとなり、何度か取り上げられている。しかし、続報がなかなか入ってこない。治験中なのかもしれないが、前向きなのか、厳しいのか、やはり興味がある。

バイアグラの成分、シルデナフィルの特許が切れたことで、色々な国でバイアグラのジェネリックが作られることになるだろう。
その中には女性用として再度チャレンジする製薬会社も出てくるかもしれない。
認可されるまでには様々な治験が必要になるが、その中で本当に有効なものも現れるだろう。

たとえ、今は認可されていなくても。

そういう観点で私は女性用のバイアグラはウメラだと考えている

フリバンセリンがFDAに女性用の性機能低下に対する治療薬として認可されるのだろうか?

スプラウトという会社が懸命にFDAにアプローチをしているらしい。
実際には「性的欲求低下」に対する薬となるようだが、それはバイアグラ、つまりウメラの成分のシルデナフィルの働きでもある、の働き方やコンセプトとは異なるものである。

バイアグラやウメラは性行為を行いたいという気持ちはあっても、肉体的な部分で問題がある場合に用いられる。
バイアグラには性的欲求を高める働きはないと、製造元でも謳っている。

バイアグラの働く先は生殖器周辺で、血流を良くすることで、充血をさせるのだ。
これは性的な興奮が起きると脳が一酸化窒素を提供させるように働き、それによって血管が緩み、血流が多くなることによって、性器周辺の血流が増える働きがまず起きる必要がある。そして、その血流の増加を継続させるのがシルデナフィルの働きだ。

それに対して、フリバンセリンは脳で働く。
もともと抗欝のための薬で、あったが、その際に性的欲求が増したと感じる女性がいたのであろう。こちらはむしろ考えの中で性的な興奮をしやすくさせるという働きになる。
その後、一酸化窒素の分泌を促すが、この後は肉体が健康であれば、女性として、性行為の際に必要な感じ方をすると言うことになるのだろう。

FDAへのアプローチで、多数の女性が、これを用いて、性的な欲求が高まったと伝えたらしい。
しかし、これは実は意識のハードプロブレムの問題でもある。
人が何かを感じることに対しての明確な判定方法は未だに確立されていないし、周りから見て、違うと思っても、本人の申請でそうだと言われたら、それを信じるしかない。

FDAとしては、この本人が良くなったと感じるということで医薬品の認可をするべきなのだろうか?
難しい判断を迫られていると思う。

既に女性用のバイアグラとして用いられているウメラなら、生殖器の周辺の充血度などを調べることで、実際に何かが起こっていることを調べることはできるので、医師や学者はそのことを説明できる。だが、脳内での出来事、更に、各個人がどのように感じているのかは、おそらく、まだ当分解明はされないだろう。

ウメラとダイフルカン、この二つの言葉で、すぐに女性用バイアグラと思い浮かべる人は、この分野で結構情報を持っている人であろう。

ウメラは血行を良くし、ダイフルカンは膣内の潤いを増す、ということで両者共に女性用のバイアグラとしてその名前を得ようとしている。
これに抗欝剤のフリバンセリンもその名を獲得しようとしている。

これらがどのような形で競争するかについては私は興味はない。
しかしウメラとダイフルカンの併用についてはどうなるかを考えてみたい。

この二つを同時に取ることは私はお勧めできない。
私はこの二つとも取り扱っている業者のために色々と文章を書いているが、それゆえに安全性を確保することが重要だと思っている。

では何故、この二つを併用することが好ましくないのだろうか。
薬物には代謝に必要な酵素があり、医薬品の成分は一定の速さで数が減る。

ここでダイフルカンの成分であるフルコナゾールだが、これがCYP3A4を阻害するとある。
これだけで理解できるほどにバイアグラやED治療薬の情報を知っている人なら大丈夫だと思うが、一般の人はそれほどでもない。
CYP3A4はシルデナフィルを分解するときに働く酵素だ。要するに、両者を同時に用いると、ウメラの成分でもあるシルデナフィルの減り方が遅くなると言う現象が起きる。

本来の減り方よりも遅くシルデナフィルが減る。それによって女性は感じやすい状況が長く続くのだから良いではないか?という考え方もできる。しかし、薬には副作用もあるわけで、ウメラのみを使っているときには気にならなかった副作用が強く出てしまう可能性もある。

こういった組み合わせはサイトによっては載せていないので知識不足で使ってしまう人もいるかもしれない。
しかし、男性が女性に対して、こういったことにも注意をしてあげる必要があると私は考える。
男女関係において、相手をいたわるというメンタルな部分も女性を感じやすくさせるものであるのだから、薬を使ってまで女性の感受性をアップさせたいのであれば、その近くにあるちょっとした危険を察知して防いで上げることも男性ができる方法の一つだろう。それで女性が男性を心地よく考えてくれるなら、それに越したことはないのだ。

このページのトップヘ