ウメラのblog

タグ:女性バイアグラ

前にも何度か書いたのだが、フリバンセリンが女性用のバイアグラとして米国のFDAに登録の申請をしている。
私は認可されないだろうとの予想をしていたのだが、それが覆されることになるかもしれない。

私が認可されないであろうということの理由は、「女性用のバイアグラが未だに一つもFDAに認可されていないのはおかしい」というアプローチがあったからだ。
これは薬の効能に対してどう効くから、また、安全の面ではどうこう、という本来の薬に必要な認可の範疇を超えているものであり、それを理由に「認可しないのはおかしい」というあぷろーちがだったからだ。

情に訴えての薬の認可は正しいアプローチとはいえない。
それをわきまえていなければ、認可はされ難いというしかない。

だが、最近あった会合?で認可される方向に向かっているとの報告があったらしい。
副作用に対する確実な措置を準備すること、基本的に医者の処方の下で利用されるべきであることなどが条件となるようだ。

しかし、女性用のバイアグラは私としてはやはりウメラだと思う。
理由は成分がシルデナフィルだからだ。

しかし、私としても女性用の安全なFSDの解消薬が認可されることは歓迎をする方向ではある。
この薬(フリバンセリン)は血流などの関係と別に、メンタルに働く成分である。

これがどのような機序で女性が感じやすくなるのかはまだよくは分からないが、概ね「女性の性行為への感じ方の働きはメンタルによるものが大きい」と結果付けることになるのだろう。

今後男性はこういった薬を利用することで女性の性行為での満足感を与える機会が増えるだろうが、薬に頼らないで自分の言葉や行動で女性をその気にさせることが最大の媚薬だといわれる日が近いのかもしれない。

もちろんウメラのことで記事を書いている。

このウメラは今後どうなっていくだろうか?
おそらくだが、日本のジェネリックバイアグラの影響で、将来的に日本製女性バイアグラ(シルデナフィル女性用)に取って代わられるだろう。

シルデナフィルが女性の性行為に対してどれだけの効果があるのかは再度臨床実験がされて、効果が認められなければ、認可はされることはないのだろうが、日本の製薬会社なら、おそらく何らかの手段で本当に女性に向いているというアイテムを出すだろう。

とはいえハードルは高い。
というのも、女性が性的に必要な準備ができているということをどうやって客観的に数値化するか?という問題が出てくるからである。

男性の場合は、性行為に対して十分であったかどうかは比較的簡単にわかる。
勃起したか?挿入はできたか?射精までいけたか?これはある意味客観的に(もっとも当事者にとっては微妙なことではあるが)わかることである。
しかし、女性の場合、相手の男性が挿入できたとしても、そして射精までできたとしても、それが女性のFSDに対しての対処で可能となったのかがわからないからだ。
感じやすくなったかどうかということについては、主観的な要素が大きい。
脳内でドーパミンが多量に出た・・・と言うことを調べる機械をつけるわけにも行かないだろう。
(そんなものをつけていたら、性行為に入りきれないし、そういうものをつけていても性行為ができる女性は、おそらく薬などは要らないだろう)
「なんとなく感じやすくなった気がする」というのは数値にできにくい。
女性用のバイアグラを利用すると確かに気持ちがよくなるとは言われているが、
精神的に燃え上がっているという相乗効果によるものもあるのだろう。

つまり、こういうことである。
男性は女性が薬を飲んでいることを知っている。もちろん女性もそれを知っている(飲んだ当時者なのだから当然である)そして、それによって何が違うのかというと、女性の血流がよくなっているという点。それにより、性器の周辺が充血、敏感になる。
男性は女性がそのときには性行為に対して前向きであることに対しては疑う必要がないので、多少のことは無視して大胆になりやすい。

女性も最終的には性行為を行うことは確実であることをわきまえているので、それなら前向きにという気持ちも働く。そういったことでお互いが相手がその気であることも
確信・確認できる。
それは性行為においてわずかな恥じらいをさらに性行為に対する前向きなものへとさせる。

感情的に女性が前向きであり、男性がそれを確認してさらに積極的になることで、よりよい性行為が達成されやすくなる。
そういったことで数値にはできないが、よい性行為ができたということで、ウメラを好む人も多いのだろう。

男性は自分が薬を飲んでいることを知られたいとは思わないようだが、女性が夜のお勤めのための薬を飲んでいると聞いたら、強く興奮する。そして、それによってよい男女関係になれる。そういうことで女性はウメラを利用する場合には、ことに至る前にそれとなく相手の男性に伝えるようにするのがよいだろう。

ウメラの成分はシルデナフィル。

一応このシルデナフィルと一緒に使ってはいけない成分も取り上げよう。
最近ではどこででも書かれているが、硝酸系、及び、ニトロ系。一酸化窒素を供給するものはダメと言われている。
これはクスリの働きが強く出すぎる惧れがあるからだ。
一酸化窒素は、cGMPを作る働きを促す。
そしてPDE5はそれを分解する。シルデナフィルはPDE5を阻害する。
それによってcGMPの濃度が物凄く高くなり、危険なレベルの血圧低下をもたらすことになる。

このことは、かつてバイアグラと血圧のクスリを併用した男性が死亡したことから注意を促されるようになった。

しかしこれ以外にも併用に注意をするべきクスリはまだある。
血圧の問題以外で次に取り上げられるべきは、代謝だ。
肝臓、腎臓を経由し分解排泄へと至るのだが、その際に必要となるのチトクロームといわれる酵素。

この酵素のはたらきによって、分解されるわけだが、中でもCYP3A4と言われるものが重要である。
これの働きを促進すれば、シルデナフィルの分解も早まる。
逆に妨害することになれば、シルデナフィルの働きは長く続くことになる。

これを知らないである薬を用いると、シルデナフィルのみの時の半減期と異なる時間で代謝されることになる。
ウメラであっても同様である。

自分の常備薬については、ある程度は理解しているつもりでも、医薬品の分解される機序まで理解してクスリを飲む人はまだまだ少ないだろう。
しかし個人輸入をする場合、これらのことをきちんと知っておくことで安全に医薬品を用いることができるようになる。


ウメラは女性の性行為の際の感度を高めるとは言われているし、利用している人もかなり多い。
副作用についてもそれほど報告は聞かない。そしてリリピーターが多い。

これからも更に使う人は増えていくだろう。
用量と併用に注意が必要なものが何であるのかをきちんとわきまえて利用し、
パートナーと楽しい時間を過ごして欲しい。

今日気が付いたことであるが、
フリバンセリンが再度FDAへの挑戦をしている。
女性用のバイアグラとしての地位を得るための挑戦だ。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0VGI96JIJVK01.html
英語版はこちら
http://www.bloomberg.com/news/2014-02-11/female-sexual-desire-drug-gains-new-path-to-u-s-review.html

前回はFDAによって「著しい効果は見られないと思われる」ということで認められていない。
フリバンセリンは抗欝のクスリとして用いられるので、精神的に気持ちの乗れない女性にとっては確かに欝が払拭されれば、性的にもよく感じれるようになるだろう。

さて、これは私の疑問だが、欝などの精神的な病の治療薬とプラセボと言う点でどれくらい正確だと言えるのだろうか?という点である。

脳内で分泌される物質と感情には大きな関連があるということは知られている。
恐怖感や、衝動的な怒りを抑えるような薬があるということも確かだ。
しかし性行為に対する感じ方についてはどうなのだろうか。
もともと性行為は精神的な部分も大きいし、肉体的な部分も大きな要因を占める。

私の感覚とは別の医学的な観点で申請をしているのだろうし、許可を出す出さないも様々な要因で決定されるのだろう。

私としては女性用のバイアグラと言えるものはやはりウーメラだと思う。
これは特に精神的であるとは思わないが、生殖器周辺や心臓周辺の血流を保持するシルデナフィルを用いられている薬だ。
ウメラは精神的には性的に積極的になりたいが体調などでちょっと、という人向けだとも思う。
ウメラを取り扱っているところは少ないようだが、少し綺麗なサイトを紹介しておく

ライフサプリマート と言うサイトです。興味のある人は覗いてみましょう。


ウメラが良い

ウメラは女性用のバイアグラとしてかなり優れていると思う。だが、他のアイテムと比較した時にはどうなのだろうか。
女性用バイアグラと言われるアイテムにダイフルカン(本当はジフルカンと発音する)と言われるものがある。
フルコナゾールという膣の炎症への対処のための医薬品だ。
カンジダという病気の時に使われるとされる。そして、これを用いると膣内の潤いが増し、性行為の際にスムースに挿入ができ、痛みが緩和され、それによって性行為による快感をより得やすくなるということのようだ。

それはそれで良いのだろうが、病気でないのに、ある疾病のためのクスリを使うのはどうなのだろうか。
確かにバイアグラそのものも本来は勃起治療薬として開発されたものではなく、血管治療用のアイテムがなぜか勃起に良い影響を与えるということで患者の返したくないという要請から見つかった使い方なので、その点ではフルコナゾールも似ていると言えなくもない。

バイアグラの成分がシルデナフィルで、その成分を用いて女性用にしたものがウーメラ(womera)で、私としては女性用バイアグラというのは、このウメラがそれに相応しいと思う。
こちらは、膣内の潤いと言うことではなく、生殖器全般への血行の良さにより、女性の必要な性機能が回復されるという考えに基づくようだ。

その他に女性用バイアグラと言われるものに、抗欝剤のある医薬品が取りざたされたこともある。
こちらは気持ちの問題ということなのだろう。
実際には認可されず、ではあった。

では女性はどのような時にこのようなアイテムを必要とするのであろうか。
生理の周期とも関りはあるだろうが、性行為ができる時期であれば、いつでもオッケーだと思う。
勿論利用の前には医師の検診を受け、血圧や腎臓、肝臓といった臓器に問題が無いことを確認した上で利用するべきだろう。

このてのアイテムを取り扱っているサイトはあまり無いのだが、ウーメラとして取り扱っているサイト(女性用バイアグラとして)もたまには紹介をしておくことにする。

女性バイアグラ通販
結構綺麗で清潔感のあるサイトだと思う。
興味のある方は覗いてみるのも良いと思う。

このページのトップヘ