ウメラのblog

タグ:ウーメラ

女性用のバイアグラというものがあるのはあまり知られていない。

だが知る人にすれば、「え?海外で売ってるよ」ということになる。
そして、それを個人輸入して、利用している女性は結構いる。

なぜ大勢いるって知っているのか?
それは秘密だが、一度利用した人のリピート率は結構高いと聞いている。

今回は特にどのような女性が何を利用しているのか?ということで書いてみたい。

基本的に利用するのはやや年のいった女性。
利用するものはウーメラといわれているものだ。

媚薬とはことなり、利用したらそれだけで性的な感度が上がるというものでもないし、習慣性があるわけでもないので安心して使える。
私は仕事柄、AVなどもチェックしなければならないときがあるが、その中でも媚薬系のものは少しやりすぎなのではないかと思う。(なお、暴行ものは見ないようにしている。)

話はそれたが、ウメラは性器付近の血流をよくするための薬であり、それによって必要なところが充血して、性的な機能が回復するようにするためのアイテムである。
男性のバイアグラと同様で、飲んだことだけで性的な興奮が生まれるわけではない。

もちろん気持ち的に、性行為ができるという考えだけで興奮してしまう人もいるだろうけど、そのための働きは実際には別のところから来る。

ある程度女性が年齢を重ねると、性行為に対しての欲求と、肉体的な準備のバランスが悪くなるようですが、それを補助するのがウメラです。

最近少し感じ方がよくないと思う女性は一度試してみるといいかもしれない。

ウメラは女性用のバイアグラとして人気が高い。

しかし残念なことに日本では正規には医薬品として流通していない。
厚生省が女性用の性障害の治療薬として認可をしていないからだ。

成分そのものはシルデナフィルであり、この成分は麻薬でも劇薬でもなく、認可されている。
しかし女性用の性行為の改善薬としては認められていない。

何故なのだろうか。
男性用の障害改善のための薬は3大ED治療薬の他にもFDAでは認められているものが結構ある。
しかし女性用のものはないと言われている。

先日フリバンセリンを登録しようとしている会社が、この認可の差は男女間の差別だという訴えを出した。
私の考えだと、精神的な部分を左右する薬で女性の性的不備を治療するというのはさすがに無理があるのではと思うのだが、こういうのも言ったもの勝ちなのだろうか?

私は女性が肉体的に少し衰えてきたときに使うのはウメラが良いと思っている。
そしてそれは海外から個人輸入するしかない。

巷には女性用の精力剤、媚薬といった類のものも結構ある。ハナチやシュアーロマンスなども女性用の優れたアイテムだといわれている。
だが、器質性の女性の性的不具合は、ウメラを利用するのがベターだと思われる。
他のアイテムも結局は個人輸入に頼ることになるのだから。

今日気が付いたことであるが、
フリバンセリンが再度FDAへの挑戦をしている。
女性用のバイアグラとしての地位を得るための挑戦だ。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0VGI96JIJVK01.html
英語版はこちら
http://www.bloomberg.com/news/2014-02-11/female-sexual-desire-drug-gains-new-path-to-u-s-review.html

前回はFDAによって「著しい効果は見られないと思われる」ということで認められていない。
フリバンセリンは抗欝のクスリとして用いられるので、精神的に気持ちの乗れない女性にとっては確かに欝が払拭されれば、性的にもよく感じれるようになるだろう。

さて、これは私の疑問だが、欝などの精神的な病の治療薬とプラセボと言う点でどれくらい正確だと言えるのだろうか?という点である。

脳内で分泌される物質と感情には大きな関連があるということは知られている。
恐怖感や、衝動的な怒りを抑えるような薬があるということも確かだ。
しかし性行為に対する感じ方についてはどうなのだろうか。
もともと性行為は精神的な部分も大きいし、肉体的な部分も大きな要因を占める。

私の感覚とは別の医学的な観点で申請をしているのだろうし、許可を出す出さないも様々な要因で決定されるのだろう。

私としては女性用のバイアグラと言えるものはやはりウーメラだと思う。
これは特に精神的であるとは思わないが、生殖器周辺や心臓周辺の血流を保持するシルデナフィルを用いられている薬だ。
ウメラは精神的には性的に積極的になりたいが体調などでちょっと、という人向けだとも思う。
ウメラを取り扱っているところは少ないようだが、少し綺麗なサイトを紹介しておく

ライフサプリマート と言うサイトです。興味のある人は覗いてみましょう。


ウメラが良い

ウメラは女性用のバイアグラとしてかなり優れていると思う。だが、他のアイテムと比較した時にはどうなのだろうか。
女性用バイアグラと言われるアイテムにダイフルカン(本当はジフルカンと発音する)と言われるものがある。
フルコナゾールという膣の炎症への対処のための医薬品だ。
カンジダという病気の時に使われるとされる。そして、これを用いると膣内の潤いが増し、性行為の際にスムースに挿入ができ、痛みが緩和され、それによって性行為による快感をより得やすくなるということのようだ。

それはそれで良いのだろうが、病気でないのに、ある疾病のためのクスリを使うのはどうなのだろうか。
確かにバイアグラそのものも本来は勃起治療薬として開発されたものではなく、血管治療用のアイテムがなぜか勃起に良い影響を与えるということで患者の返したくないという要請から見つかった使い方なので、その点ではフルコナゾールも似ていると言えなくもない。

バイアグラの成分がシルデナフィルで、その成分を用いて女性用にしたものがウーメラ(womera)で、私としては女性用バイアグラというのは、このウメラがそれに相応しいと思う。
こちらは、膣内の潤いと言うことではなく、生殖器全般への血行の良さにより、女性の必要な性機能が回復されるという考えに基づくようだ。

その他に女性用バイアグラと言われるものに、抗欝剤のある医薬品が取りざたされたこともある。
こちらは気持ちの問題ということなのだろう。
実際には認可されず、ではあった。

では女性はどのような時にこのようなアイテムを必要とするのであろうか。
生理の周期とも関りはあるだろうが、性行為ができる時期であれば、いつでもオッケーだと思う。
勿論利用の前には医師の検診を受け、血圧や腎臓、肝臓といった臓器に問題が無いことを確認した上で利用するべきだろう。

このてのアイテムを取り扱っているサイトはあまり無いのだが、ウーメラとして取り扱っているサイト(女性用バイアグラとして)もたまには紹介をしておくことにする。

女性バイアグラ通販
結構綺麗で清潔感のあるサイトだと思う。
興味のある方は覗いてみるのも良いと思う。

女性用バイアグラといわれるウメラ。
或いはウーメラともいわれるアイテムがあるが、このアイテムは女性の性欲を増進するのだろうか。
簡単に言うと、答えは「No」。性欲を増進させるのは別の機序である

変な質問になるが、男性の勃起は性欲を増進させるか?というような質問にどう答えるべきであろうか。
相互作用として、男性は女性の裸などを見ることで性的に興奮するのは間違いないですが、自分のものが勃てていることは興奮のきっかけとは言わない。
人によっては勃起することで更に興奮する人もいるだろうが、性的な興奮は、別の理由で起こり、その結果勃起が起きる。

女性の場合はどうなのだろうか。
私は女性では無いので、自分での実験結果というわけには行かないが、血行が良くなることで性的な興奮が生まれるというわけでは無いだろう。

男性の場合(そして多分女性もなのだろうが)、性的な刺激を受けると、脳は一酸化窒素を供給するような命令を出す。一酸化窒素が供給されると血管が緩み、血流が増える。
血流が増えることで男性は勃起が容易になる。それの後、ある酵素が分解されて勃起が収まる。
女性の場合、性的な興奮を計るバロメーターが簡単には見ることができないので(よほど親しくない限り触ってみるというわけにはいかないだろう)、本人の申請結果によることになる。

それでも性器付近の血行が良くなるなどで、もしかしたら性交渉時への準備を感じて、むずむずしているのかもしれない。だが、性行為のための医薬品を服用したということで、性行為への期待が高まったが故に興奮している可能性の方が高い。そしてそれは、薬の直接の働きではない。

何が必要かというと、結局のところ、女性自身がある程度自分から性的な欲求を持てるような状況が必要だということだ。そのためには男性もある程度女性をその気にさせ、多少は燃えるような言葉を掛ける必要もあるだろう。

医薬品の効果は確かにある。だが性的な興奮を得るためのお互いの努力無しには性行為はつまらないものになるだろう。そして、お互いに相手を求めるという感覚こそが性欲を一番引き出す要素だと私は思う。その先に性行為における不具合を取り除くように医薬品を用いるようにするのがベストだろう。

男女関係はそんなに悪くなく、性行為の際に女性が性的に興奮しているのに、快感度が低くなっていると感じている場合にウメラを用いるのが良いといえる。

このページのトップヘ