ウメラのblog

カテゴリ: 女性用バイアグラ

女性用のバイアグラというものがあるのはあまり知られていない。

だが知る人にすれば、「え?海外で売ってるよ」ということになる。
そして、それを個人輸入して、利用している女性は結構いる。

なぜ大勢いるって知っているのか?
それは秘密だが、一度利用した人のリピート率は結構高いと聞いている。

今回は特にどのような女性が何を利用しているのか?ということで書いてみたい。

基本的に利用するのはやや年のいった女性。
利用するものはウーメラといわれているものだ。

媚薬とはことなり、利用したらそれだけで性的な感度が上がるというものでもないし、習慣性があるわけでもないので安心して使える。
私は仕事柄、AVなどもチェックしなければならないときがあるが、その中でも媚薬系のものは少しやりすぎなのではないかと思う。(なお、暴行ものは見ないようにしている。)

話はそれたが、ウメラは性器付近の血流をよくするための薬であり、それによって必要なところが充血して、性的な機能が回復するようにするためのアイテムである。
男性のバイアグラと同様で、飲んだことだけで性的な興奮が生まれるわけではない。

もちろん気持ち的に、性行為ができるという考えだけで興奮してしまう人もいるだろうけど、そのための働きは実際には別のところから来る。

ある程度女性が年齢を重ねると、性行為に対しての欲求と、肉体的な準備のバランスが悪くなるようですが、それを補助するのがウメラです。

最近少し感じ方がよくないと思う女性は一度試してみるといいかもしれない。

もちろんウメラのことで記事を書いている。

このウメラは今後どうなっていくだろうか?
おそらくだが、日本のジェネリックバイアグラの影響で、将来的に日本製女性バイアグラ(シルデナフィル女性用)に取って代わられるだろう。

シルデナフィルが女性の性行為に対してどれだけの効果があるのかは再度臨床実験がされて、効果が認められなければ、認可はされることはないのだろうが、日本の製薬会社なら、おそらく何らかの手段で本当に女性に向いているというアイテムを出すだろう。

とはいえハードルは高い。
というのも、女性が性的に必要な準備ができているということをどうやって客観的に数値化するか?という問題が出てくるからである。

男性の場合は、性行為に対して十分であったかどうかは比較的簡単にわかる。
勃起したか?挿入はできたか?射精までいけたか?これはある意味客観的に(もっとも当事者にとっては微妙なことではあるが)わかることである。
しかし、女性の場合、相手の男性が挿入できたとしても、そして射精までできたとしても、それが女性のFSDに対しての対処で可能となったのかがわからないからだ。
感じやすくなったかどうかということについては、主観的な要素が大きい。
脳内でドーパミンが多量に出た・・・と言うことを調べる機械をつけるわけにも行かないだろう。
(そんなものをつけていたら、性行為に入りきれないし、そういうものをつけていても性行為ができる女性は、おそらく薬などは要らないだろう)
「なんとなく感じやすくなった気がする」というのは数値にできにくい。
女性用のバイアグラを利用すると確かに気持ちがよくなるとは言われているが、
精神的に燃え上がっているという相乗効果によるものもあるのだろう。

つまり、こういうことである。
男性は女性が薬を飲んでいることを知っている。もちろん女性もそれを知っている(飲んだ当時者なのだから当然である)そして、それによって何が違うのかというと、女性の血流がよくなっているという点。それにより、性器の周辺が充血、敏感になる。
男性は女性がそのときには性行為に対して前向きであることに対しては疑う必要がないので、多少のことは無視して大胆になりやすい。

女性も最終的には性行為を行うことは確実であることをわきまえているので、それなら前向きにという気持ちも働く。そういったことでお互いが相手がその気であることも
確信・確認できる。
それは性行為においてわずかな恥じらいをさらに性行為に対する前向きなものへとさせる。

感情的に女性が前向きであり、男性がそれを確認してさらに積極的になることで、よりよい性行為が達成されやすくなる。
そういったことで数値にはできないが、よい性行為ができたということで、ウメラを好む人も多いのだろう。

男性は自分が薬を飲んでいることを知られたいとは思わないようだが、女性が夜のお勤めのための薬を飲んでいると聞いたら、強く興奮する。そして、それによってよい男女関係になれる。そういうことで女性はウメラを利用する場合には、ことに至る前にそれとなく相手の男性に伝えるようにするのがよいだろう。

シルデナフィルが日本でも解禁。
これについてもう少し考えてみよう。

何が可能で、なにが不可能なのか?
不可能というよりは、法的にどうなのだろうか?特に特に特許に関する部分でどう見るのかが重要である。
いずれにしても良く見なければならないのは、シルデナフィルは処方薬であることには変わりがないという点だ。
ジェネリックだろうと、ブランドであろうと、国内で購入をする場合には医者の処方箋が結局は必要となる。
その点で医師の手を通すわけであるので、その分は多少の根が付くことは仕方のないことであろう。

シルデナフィルという成分は血管を弛緩させる酵素を分解する酵素をを阻害するアイテムである。
二段階での否定みたいな感じである。

だが、それゆえに勃起のみを引き起こすだけの成分ではないと言える。
レバチオという医薬品はバイアグラとほとんど違いがない。
医者の指導の下、利用するアイテムなのだが、(心臓から肺にかけての高血圧対処用の医薬品であるので、利用は要注意である)この成分を利用して肺高血圧の対処薬を作ることは可能なのだろうか?

そんなことを考えながら、シルデナフィル利用の医薬品のチェックをしてみた。
レバチオ、バイアグラ、あとはトーワのシルデナフィル(勃起不全対処薬として)

まずは禁忌情報
バイアグラとトーワのシルデナフィルはほぼ同じであるが、レバチオは禁忌として扱われる医薬品が多い。
その理由は何であるのかはまだ判らないが、CYP3A4の阻害・若しくは誘導の医薬品が禁忌扱いと使用注意扱いの違いがあるようだ。
では、成分は?

シルデナフィルということで使われているが、それを固めるための成分などが加えられている。
レバチオとバイアグラの違いは、青色二号という着色料くらいしか違いが見えない。
配合の分量が違うのかもしれないが、それはさすがに企業秘密なのだろう。

ではトーワのアイテムは?
ちょっと変えてあるようです。
同じ成分と見られるものは2種類。

主成分が同じでも、香料を入れたり、凝固剤、崩御剤などを別々に入れてあるようです。
これまでのED治療薬として活躍してきたバイアグラと比べ、混ぜ込んだ別の成分がどのように関ってくるのか、それによって使い心地がどのように変わってくるのか?
副作用の感じ方も変わってくるだろうが、後から出した方は、やはり機動力が高いのだろう。

また、これを機に女性用としても再度取り組むところも出てくる可能性は高いと私は考えている。
どういう形で治験をするのかはまだ分からないが、そういったことも含めバイアグラの特許が切れたことで新たな動きが出始める予感がする。

今はまだ女性用のバイアグラはウーメラ程度だろうけれど・・・。

バイアグラの特許が切れたので、色々なメディアも何を書こうかとネタを探しているだろう。
性欲とお金の絡むこと、さらに最先端の医療など、人を曳き付ける要素が絡まっているからだ。

一方、女性用のバイアグラはどうなっているのだろうか。
実は、ここのサイトで書いてあることをきちんと読んでいれば、女性のための性的不全の改善薬というものがFDAでは認可されていないことが理解されているはずである。

それにも関らず、私は女性用のバイアグラなら、ウメラだと何度も書いている。
理由はこのサイトを何度も読んでいれば理解されると思うが、性器の周辺の血流を促すことによって性的な機能がきちんと働くという機序がバイアグラの働きと重ねることができるからだ。

その他の女性用バイアグラと言えるものは、ダイフルカンといわれるアイテム。だが、これは、膣内の潤いを増すと言うことで性行為の際に痛みが減ると言うものであり、本来の働きは感染症の緩和だ。

もう一件フリバンセリンという薬だが、これは性機能というよりは脳神経の分野だ。
考えようによっては媚薬ともいえるのだが、女性が性に対して否定的である場合に、その感情を減らして、性行為を肯定的に捉えるようにさせるようだ。

フリバンセリンを女性用のバイアグラとしてFDAに認可してもらいらしく、そのことでニュースとなり、何度か取り上げられている。しかし、続報がなかなか入ってこない。治験中なのかもしれないが、前向きなのか、厳しいのか、やはり興味がある。

バイアグラの成分、シルデナフィルの特許が切れたことで、色々な国でバイアグラのジェネリックが作られることになるだろう。
その中には女性用として再度チャレンジする製薬会社も出てくるかもしれない。
認可されるまでには様々な治験が必要になるが、その中で本当に有効なものも現れるだろう。

たとえ、今は認可されていなくても。

そういう観点で私は女性用のバイアグラはウメラだと考えている

ウメラとダイフルカン、この二つの言葉で、すぐに女性用バイアグラと思い浮かべる人は、この分野で結構情報を持っている人であろう。

ウメラは血行を良くし、ダイフルカンは膣内の潤いを増す、ということで両者共に女性用のバイアグラとしてその名前を得ようとしている。
これに抗欝剤のフリバンセリンもその名を獲得しようとしている。

これらがどのような形で競争するかについては私は興味はない。
しかしウメラとダイフルカンの併用についてはどうなるかを考えてみたい。

この二つを同時に取ることは私はお勧めできない。
私はこの二つとも取り扱っている業者のために色々と文章を書いているが、それゆえに安全性を確保することが重要だと思っている。

では何故、この二つを併用することが好ましくないのだろうか。
薬物には代謝に必要な酵素があり、医薬品の成分は一定の速さで数が減る。

ここでダイフルカンの成分であるフルコナゾールだが、これがCYP3A4を阻害するとある。
これだけで理解できるほどにバイアグラやED治療薬の情報を知っている人なら大丈夫だと思うが、一般の人はそれほどでもない。
CYP3A4はシルデナフィルを分解するときに働く酵素だ。要するに、両者を同時に用いると、ウメラの成分でもあるシルデナフィルの減り方が遅くなると言う現象が起きる。

本来の減り方よりも遅くシルデナフィルが減る。それによって女性は感じやすい状況が長く続くのだから良いではないか?という考え方もできる。しかし、薬には副作用もあるわけで、ウメラのみを使っているときには気にならなかった副作用が強く出てしまう可能性もある。

こういった組み合わせはサイトによっては載せていないので知識不足で使ってしまう人もいるかもしれない。
しかし、男性が女性に対して、こういったことにも注意をしてあげる必要があると私は考える。
男女関係において、相手をいたわるというメンタルな部分も女性を感じやすくさせるものであるのだから、薬を使ってまで女性の感受性をアップさせたいのであれば、その近くにあるちょっとした危険を察知して防いで上げることも男性ができる方法の一つだろう。それで女性が男性を心地よく考えてくれるなら、それに越したことはないのだ。

このページのトップヘ