ウメラのblog

カテゴリ: 女性用バイアグラ

前にも何度か書いたのだが、フリバンセリンが女性用のバイアグラとして米国のFDAに登録の申請をしている。
私は認可されないだろうとの予想をしていたのだが、それが覆されることになるかもしれない。

私が認可されないであろうということの理由は、「女性用のバイアグラが未だに一つもFDAに認可されていないのはおかしい」というアプローチがあったからだ。
これは薬の効能に対してどう効くから、また、安全の面ではどうこう、という本来の薬に必要な認可の範疇を超えているものであり、それを理由に「認可しないのはおかしい」というあぷろーちがだったからだ。

情に訴えての薬の認可は正しいアプローチとはいえない。
それをわきまえていなければ、認可はされ難いというしかない。

だが、最近あった会合?で認可される方向に向かっているとの報告があったらしい。
副作用に対する確実な措置を準備すること、基本的に医者の処方の下で利用されるべきであることなどが条件となるようだ。

しかし、女性用のバイアグラは私としてはやはりウメラだと思う。
理由は成分がシルデナフィルだからだ。

しかし、私としても女性用の安全なFSDの解消薬が認可されることは歓迎をする方向ではある。
この薬(フリバンセリン)は血流などの関係と別に、メンタルに働く成分である。

これがどのような機序で女性が感じやすくなるのかはまだよくは分からないが、概ね「女性の性行為への感じ方の働きはメンタルによるものが大きい」と結果付けることになるのだろう。

今後男性はこういった薬を利用することで女性の性行為での満足感を与える機会が増えるだろうが、薬に頼らないで自分の言葉や行動で女性をその気にさせることが最大の媚薬だといわれる日が近いのかもしれない。

このブログはウメラについて書いているので、やっぱりメインは女性のFSDに対して書くべきなのでしょう。

さて、このブログの著者、つまり私ですが、少し忙しかったのでブログの更新が遅れています。
まあ、大して人が来ているわけでもないので、どうかなぁなんて思うこともあるのですが、続けることでそれなりのリピーターがついてくれることを期待はしている。

さて、私もそろそろ本格的にウメラのための細かい内容を整理してもっと読みやすいブログを創りたいと思っています。

さて、新しいことを書くつもりはないのですが、アダルトグッズの販売サイトでサプリとして女性用の媚薬?が取り扱われていることもありますが、成分に何を使っているのか時々心配になる。

○○成分配合とか書かれていても、良く考えるとその成分が何で良いのかが明確でなかったりする。

女性用に使える天然の成分としてアシュカワンダとか、トンカットアリとか、含んだものもあるけど、これらは精力剤の成分です。

対してウメラの成分はシルデナフィル。
最初から医薬品、科学的に合成されているものであることが理解されているものであり、さらにバイアグラなどで男性の勃起不全に対して効果があることは認められている。

その成分は元々は血管へ作用する薬として用いられていたもので、そのときにはとくに男女分けられて確認されていたわけではないようです。
レバチオという名称の薬がありますが、バイアグラとの成分の違いはほとんどなく、錠剤として、添加物などの成分を比べても、添付文書を見る限り、成分はほとんど同じものが使われています。(配合の分量は一般には不明で、その他の違いは色を付ける成分くらいです)

女性がある程度の年齢になると、やはり性的に感じにくくなる人もいるようですが、そういう場合、男性の勃起不全と同じようなシステムの場合もあるのではないでしょうか。
感じるために必要な部分に必要な血液が足りない、あるいは、一度充血してもそれを早く解消するためにPDE5が強く働いてしまう(というより、その働きに血液供給の機能がついていけなくなる)などで、ちょっと感じにくくなっているかもしれません。

そういう人はシルデナフィルを使うのが良いでしょう。

ウメラについて少し載せてあったサイトを紹介しておきます。

http://supplimarket.net/womera
いろいろと取り扱っていて、たどり着くのが大変なサイトだけど、
このサイトでちょっと細かく書いてあるようです

またですか?
「股」ではない、いや、股にかかることですけど・・・・
などどいって茶化したくなる記事を見た。

女性用バイアグラとして申請三度目
なんのことでしょう?
はい。ダイフルカンですね・・・

ブー、ハズレ。
フリバンセリンです。

だからぁ、女性は勃起しないんだってばさぁ・・・。
いや、小さいけどあるよ、しっかり起つし、場合によっては男のあれより・・・

話がずれてますね。はい。反省。

と、何が言いたいのかというと、フリバンセリンを女性用バイアグラとして、認可させたいスプラウト社が再度FDAに申請したということです。
えっとぉ、フリバンセリンは抗欝剤ですよね。それで性行為の際にハイになって気持ちよくなることで、FSDの解決に使えると・・・。何か違う気もするし、それでもいいのかもという気もする。

で、確認していたら、更におかしいことが・・・・
簡単調べ物帳として使っているウィキでフリバンセリンを調べると、媚薬になってました。

えっとぉ、最近のネット情報って信用できないなぁ。
違う違う。まったく、フリバンセリンを再度女性用バイアグラに申請とか聞くと、つい過剰な反応をしてしまう。

確か、ドイツの会社で発明か発見されたフリバンセリンを、どこぞの会社がFSDの対応のクスリにつかえると見込んで買って、FDAの認可が下りなくて、「女性用の認可薬がないのは差別だ」とか言わせて、それでも駄目で、今回三回目でしょ。

通るのかなぁ?って感じ。女性用に認可されないのは差別だとかって言っちゃうような会社の薬って逆に怖いと思うんですけど。「性能的にこれだけの結果と安全性が担保されているのに何で?」っていうのが言い分なら、私も応援できるけど、男女差別になるから認めろって言うのは私には認められない。

女性のホルモン的な問題が起きれば、将来生まれてくるであろう子供への影響も心配されることになる。
これまでの流れを考えると、フリバンセリンをFSDのために認可するということはちょっと怖い気がする。

機能的に使うのであれば、血流をよくするバイアグラの成分を利用して女性用として考えなおして製造されている、ウメラではないだろうか?

うーん。なんだろ。ウメラで検索をするとウーメラとしての検索結果が出てしまう。
ここでは女性用バイアグラといわれるアイテムのウメラ(womera)について書いているのだけど、
ウーメラだと飛行場?とかともかかってしまうので、あえてウメラでそれらしさを強調してきていたのに・・・。

検索エンジンを普通に使う場合、あえて拗音や促音を変えてみて別のサイトも探したいと思う人にも、強制的にグーグル先生が決めた単語に固定してその結果を見せるということになってしまう。

一定の決められた法則にのっとった優良なサイトを表示させるというグーグルの方針はわかるが、検索ワードをまとめるというのは、やりすぎではないだろうか?

確実に正しいことを調べたい人間は百科事典や専門家の書いた論文などを調べるのだから、その際には検索エンジンで単語をサーチするようなことはしない。
万人が書き込んだことが表示されるサーチエンジンに求められるのはもっと幅広い意見を見ることができる仕組みだと思う。

まあ、私の場合は、ウメラという単語でかなり露出度が上がっていたので、こういう気持ちになるという部分もあるのだけど。
せめてウメラ → ウーメラ となる場合、ウメラでの検索結果の一定割合が上位に来る様なシステムにして欲しい。
要するに xxx → xyz という検索結果になるようにまとめるのであれば、xxxの検索結果数が少ないとしても、xxxのみで評価されたサイトの一定割合数がそこで上位に表示されるようにして欲しいと思う。
元々xyzで検索した場合にはxxxで検索したものは出てこなくてもよいが、まずは入力された検索語の評価を先にしてそれからまとめてもらえたらと思う。

もしかして?という機能はあってもいいと思うし、それから調べる人も出てくるだろう。
でも少数の検索語を無理やりにまとめてしまって他の検索語にかき消されてしまうようなシステムはもう少し考えて導入をして欲しい。

シルデナフィルの解禁という件について何度か書いている。
しかし、それらは結局男性の勃起不全を解消するための薬として、
日本の製薬会社が特許料を払わないでも製造をすることができるようになったということであり、
バイアグラの基本的な効能や利用に関する条件が変わったわけではない。

ジェネリックバイアグラとして利用をする人も出るだろうが、まだまだ値段の設定などにも解決するべき点が多いようだ。

さて、女性用という場合はどうなのであろうか?
やはり女性用バイアグラとして利用したいのはウメラだと思う。

私の理屈だとこういうことになる。
何故男性が勃起不全になるのかというと、必要な血流を保てなくなるからだ。
必要な血流はどういう形で増えるのか?という問題につながる。
これは性的な興奮があると、一酸化窒素が分泌されるように脳から指令が出るのだが、その辺はおそらく女性も同じことだろう。
そして体内での化学反応で、血流が増え、その後血管を広げる酵素が分解される。
これは男性でも女性でも同じように働くと思う。元々、シルデナフィルは、血管拡張のための薬であり、その際には男女の性差はほとんど取り上げられていなかった。

血流の不足に因る性行為への満足感の減少を解決するためであれば、結局は血流を取り戻せればよいのではないだろうか。
人体は複雑であり、女性の体、特に生殖関係は特に複雑だと思うが、男性は性器が充血している際(つまり勃起している際)性感度も結構高くなる(少なくとも私はそうだ)。
女性も必要な器官にきちんと血液が流れ込んでいくなら、性感度も上がるのだろうと私は思う。
その際に利用できるのはやはりウメラだと思う。
女性用、特にある程度の年齢で、ちょっと性的な興奮はしているけど、なんとなく体がついていけない、と思う場合はウメラを試してみるのがよいと思う。

このページのトップヘ