このブログはウメラについて書いているので、やっぱりメインは女性のFSDに対して書くべきなのでしょう。

さて、このブログの著者、つまり私ですが、少し忙しかったのでブログの更新が遅れています。
まあ、大して人が来ているわけでもないので、どうかなぁなんて思うこともあるのですが、続けることでそれなりのリピーターがついてくれることを期待はしている。

さて、私もそろそろ本格的にウメラのための細かい内容を整理してもっと読みやすいブログを創りたいと思っています。

さて、新しいことを書くつもりはないのですが、アダルトグッズの販売サイトでサプリとして女性用の媚薬?が取り扱われていることもありますが、成分に何を使っているのか時々心配になる。

○○成分配合とか書かれていても、良く考えるとその成分が何で良いのかが明確でなかったりする。

女性用に使える天然の成分としてアシュカワンダとか、トンカットアリとか、含んだものもあるけど、これらは精力剤の成分です。

対してウメラの成分はシルデナフィル。
最初から医薬品、科学的に合成されているものであることが理解されているものであり、さらにバイアグラなどで男性の勃起不全に対して効果があることは認められている。

その成分は元々は血管へ作用する薬として用いられていたもので、そのときにはとくに男女分けられて確認されていたわけではないようです。
レバチオという名称の薬がありますが、バイアグラとの成分の違いはほとんどなく、錠剤として、添加物などの成分を比べても、添付文書を見る限り、成分はほとんど同じものが使われています。(配合の分量は一般には不明で、その他の違いは色を付ける成分くらいです)

女性がある程度の年齢になると、やはり性的に感じにくくなる人もいるようですが、そういう場合、男性の勃起不全と同じようなシステムの場合もあるのではないでしょうか。
感じるために必要な部分に必要な血液が足りない、あるいは、一度充血してもそれを早く解消するためにPDE5が強く働いてしまう(というより、その働きに血液供給の機能がついていけなくなる)などで、ちょっと感じにくくなっているかもしれません。

そういう人はシルデナフィルを使うのが良いでしょう。

ウメラについて少し載せてあったサイトを紹介しておきます。

http://supplimarket.net/womera
いろいろと取り扱っていて、たどり着くのが大変なサイトだけど、
このサイトでちょっと細かく書いてあるようです