ウメラのblog

2014年02月

ウメラの成分はシルデナフィル。

一応このシルデナフィルと一緒に使ってはいけない成分も取り上げよう。
最近ではどこででも書かれているが、硝酸系、及び、ニトロ系。一酸化窒素を供給するものはダメと言われている。
これはクスリの働きが強く出すぎる惧れがあるからだ。
一酸化窒素は、cGMPを作る働きを促す。
そしてPDE5はそれを分解する。シルデナフィルはPDE5を阻害する。
それによってcGMPの濃度が物凄く高くなり、危険なレベルの血圧低下をもたらすことになる。

このことは、かつてバイアグラと血圧のクスリを併用した男性が死亡したことから注意を促されるようになった。

しかしこれ以外にも併用に注意をするべきクスリはまだある。
血圧の問題以外で次に取り上げられるべきは、代謝だ。
肝臓、腎臓を経由し分解排泄へと至るのだが、その際に必要となるのチトクロームといわれる酵素。

この酵素のはたらきによって、分解されるわけだが、中でもCYP3A4と言われるものが重要である。
これの働きを促進すれば、シルデナフィルの分解も早まる。
逆に妨害することになれば、シルデナフィルの働きは長く続くことになる。

これを知らないである薬を用いると、シルデナフィルのみの時の半減期と異なる時間で代謝されることになる。
ウメラであっても同様である。

自分の常備薬については、ある程度は理解しているつもりでも、医薬品の分解される機序まで理解してクスリを飲む人はまだまだ少ないだろう。
しかし個人輸入をする場合、これらのことをきちんと知っておくことで安全に医薬品を用いることができるようになる。


ウメラは女性の性行為の際の感度を高めるとは言われているし、利用している人もかなり多い。
副作用についてもそれほど報告は聞かない。そしてリリピーターが多い。

これからも更に使う人は増えていくだろう。
用量と併用に注意が必要なものが何であるのかをきちんとわきまえて利用し、
パートナーと楽しい時間を過ごして欲しい。

今日気が付いたことであるが、
フリバンセリンが再度FDAへの挑戦をしている。
女性用のバイアグラとしての地位を得るための挑戦だ。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0VGI96JIJVK01.html
英語版はこちら
http://www.bloomberg.com/news/2014-02-11/female-sexual-desire-drug-gains-new-path-to-u-s-review.html

前回はFDAによって「著しい効果は見られないと思われる」ということで認められていない。
フリバンセリンは抗欝のクスリとして用いられるので、精神的に気持ちの乗れない女性にとっては確かに欝が払拭されれば、性的にもよく感じれるようになるだろう。

さて、これは私の疑問だが、欝などの精神的な病の治療薬とプラセボと言う点でどれくらい正確だと言えるのだろうか?という点である。

脳内で分泌される物質と感情には大きな関連があるということは知られている。
恐怖感や、衝動的な怒りを抑えるような薬があるということも確かだ。
しかし性行為に対する感じ方についてはどうなのだろうか。
もともと性行為は精神的な部分も大きいし、肉体的な部分も大きな要因を占める。

私の感覚とは別の医学的な観点で申請をしているのだろうし、許可を出す出さないも様々な要因で決定されるのだろう。

私としては女性用のバイアグラと言えるものはやはりウーメラだと思う。
これは特に精神的であるとは思わないが、生殖器周辺や心臓周辺の血流を保持するシルデナフィルを用いられている薬だ。
ウメラは精神的には性的に積極的になりたいが体調などでちょっと、という人向けだとも思う。
ウメラを取り扱っているところは少ないようだが、少し綺麗なサイトを紹介しておく

ライフサプリマート と言うサイトです。興味のある人は覗いてみましょう。


ウメラに限らず全ての医薬品には使い方がある。
その使い方を誤ると大変な事故になりかねない。

人間は外傷には結構強いが、化学薬品などを摂取するとすぐに弱る。
同時に、使うことによってこれまでおかしかった部分が調子よくなることもある。


医薬品にも外傷用と内服用とがある。
怪我の場合、外を消毒し、後は体が出血を止め、傷口を塞ぎ、やがては何もなかったかのように治る。
しかし、体内のホルモンバランスなどが壊れている場合、これをどうやって戻すのかに頭を使う必要がある。

私が女性用のバイアグラにウメラを推奨するのにはそれなりの理由がある。
ダイフルカンは確かに膣内の潤いを増すだろうが、その主な働きは膣内感染症の対応のためのものである。
ジフルカンという商品名で登録もされているし、FDAや厚生省にも認可されている。
しかしそれはとりたたて女性用の性交のためのものではない。
他方ウメラは実際には女性用バイアグラとして認可されてはいない。

男性の勃起は客観的にも判断しやすいが女性が性行為に対しての問題を持っているとして、それが解決されたと言う場合、本人の主張を信じるしかない。

ダイフルカンは、別の効用が主な理由で認可されている。バイアグラはもともとは血管拡張剤。(バイアグラは二つの働きで認可されているクスリです)しかし、勃起不全にも使えるので認可がおりています。
女性が感じやすくなるために男性用のアイテムを使うのはあまりお勧めできない。
男性と女性では全然違うからだ。

クスリの用量なども臨床で試されるべきだろう。
ダイフルカンは感染症の働きのために認可されているが女性の感度のためにはウメラと同じく認可されているわけではない。
そうであれば同じ認可されていないのであるにしても、ウメラはそれが目的で用意された分ウメラの方にちょっとだけ分があるのではないだろうか。

私は女性用のバイアグラと言うのであれば、ウメラをお勧めする。
日本国内で購入できないので、個人輸入代行を利用することになるが、

欲しいと思う人は
ライフサプリマートのウメラ
のサイトで手配するのが良いと思う。

男性として女性がウメラを利用するのはどうなのだろうか。
その前に女性は男性にこの薬を使う場合、話しておいた方が良いのだろうか?

私はどちらかというと、何でもありの性格なので「へー、使ってるの?気持ちよくなるもの?」と聞いてしまうだろう。
別に妊娠を防ぎも促進もしない。なので、気持ちがよくなるなら使うのは構わないと思う。
妊娠したときに子供への影響があるのか無いのか?そういったことの方が重要だと思うが、今のところウメラを利用して子供が特にどうなったと言うことは情報としては無い。

まあ、ウメラの情報自体が結構少ないので、なんともいえない。
色々なサイトで取り扱われてはいるが、ウメラがダメだったという情報も殆ど無い。
利用者が女性専用で、その利用結果を聞くのも実は難しい。

男性が自分で飲んで試したといっても、その場合は使い方がおかしいと回りに逆に批判されてしまうのが落ちだろう。女性が「使って試したよー」というのもやはり、書きづらい内容だろう。

だが、利用している人はかなり多いらしい。これはウメラを取り扱っている知り合いが、「なんでこんなに人気があるんだろう」といっていたので、本当に人気があるのだろう。

さて、タイトルへコメントだが、男性としてはどうなのか。
一応「一言欲しい。」
これだけだろう。健康で薬が嫌いという人間は最初から判っているだろうから普通に薬が使えるという場合だが、男性としてはそういうことは知っていたいものだ。

そして女性は語るべきか?
女性にその気があると分かっていると男性もその気になる可能性も高いので上手く使っていると伝えるのが良いだろう。
さりげなく、「女性用のお薬があるって言ってたから買ってみちゃった。使ってみてどうなのか試してみたいんだけど・・・」と言われたら、男性として「うーん、じゃあ、まあ、ためそっか」ということもある。

女性用のバイアグラ、ウーメラを取り扱っている結構綺麗なサイトがある。
こういったところでウメラを手配することになるのだろう。

ウメラが良い

ウメラは女性用のバイアグラとしてかなり優れていると思う。だが、他のアイテムと比較した時にはどうなのだろうか。
女性用バイアグラと言われるアイテムにダイフルカン(本当はジフルカンと発音する)と言われるものがある。
フルコナゾールという膣の炎症への対処のための医薬品だ。
カンジダという病気の時に使われるとされる。そして、これを用いると膣内の潤いが増し、性行為の際にスムースに挿入ができ、痛みが緩和され、それによって性行為による快感をより得やすくなるということのようだ。

それはそれで良いのだろうが、病気でないのに、ある疾病のためのクスリを使うのはどうなのだろうか。
確かにバイアグラそのものも本来は勃起治療薬として開発されたものではなく、血管治療用のアイテムがなぜか勃起に良い影響を与えるということで患者の返したくないという要請から見つかった使い方なので、その点ではフルコナゾールも似ていると言えなくもない。

バイアグラの成分がシルデナフィルで、その成分を用いて女性用にしたものがウーメラ(womera)で、私としては女性用バイアグラというのは、このウメラがそれに相応しいと思う。
こちらは、膣内の潤いと言うことではなく、生殖器全般への血行の良さにより、女性の必要な性機能が回復されるという考えに基づくようだ。

その他に女性用バイアグラと言われるものに、抗欝剤のある医薬品が取りざたされたこともある。
こちらは気持ちの問題ということなのだろう。
実際には認可されず、ではあった。

では女性はどのような時にこのようなアイテムを必要とするのであろうか。
生理の周期とも関りはあるだろうが、性行為ができる時期であれば、いつでもオッケーだと思う。
勿論利用の前には医師の検診を受け、血圧や腎臓、肝臓といった臓器に問題が無いことを確認した上で利用するべきだろう。

このてのアイテムを取り扱っているサイトはあまり無いのだが、ウーメラとして取り扱っているサイト(女性用バイアグラとして)もたまには紹介をしておくことにする。

女性バイアグラ通販
結構綺麗で清潔感のあるサイトだと思う。
興味のある方は覗いてみるのも良いと思う。

このページのトップヘ