ウメラのblog

2014年01月

女性用バイアグラといわれるウメラ。
或いはウーメラともいわれるアイテムがあるが、このアイテムは女性の性欲を増進するのだろうか。
簡単に言うと、答えは「No」。性欲を増進させるのは別の機序である

変な質問になるが、男性の勃起は性欲を増進させるか?というような質問にどう答えるべきであろうか。
相互作用として、男性は女性の裸などを見ることで性的に興奮するのは間違いないですが、自分のものが勃てていることは興奮のきっかけとは言わない。
人によっては勃起することで更に興奮する人もいるだろうが、性的な興奮は、別の理由で起こり、その結果勃起が起きる。

女性の場合はどうなのだろうか。
私は女性では無いので、自分での実験結果というわけには行かないが、血行が良くなることで性的な興奮が生まれるというわけでは無いだろう。

男性の場合(そして多分女性もなのだろうが)、性的な刺激を受けると、脳は一酸化窒素を供給するような命令を出す。一酸化窒素が供給されると血管が緩み、血流が増える。
血流が増えることで男性は勃起が容易になる。それの後、ある酵素が分解されて勃起が収まる。
女性の場合、性的な興奮を計るバロメーターが簡単には見ることができないので(よほど親しくない限り触ってみるというわけにはいかないだろう)、本人の申請結果によることになる。

それでも性器付近の血行が良くなるなどで、もしかしたら性交渉時への準備を感じて、むずむずしているのかもしれない。だが、性行為のための医薬品を服用したということで、性行為への期待が高まったが故に興奮している可能性の方が高い。そしてそれは、薬の直接の働きではない。

何が必要かというと、結局のところ、女性自身がある程度自分から性的な欲求を持てるような状況が必要だということだ。そのためには男性もある程度女性をその気にさせ、多少は燃えるような言葉を掛ける必要もあるだろう。

医薬品の効果は確かにある。だが性的な興奮を得るためのお互いの努力無しには性行為はつまらないものになるだろう。そして、お互いに相手を求めるという感覚こそが性欲を一番引き出す要素だと私は思う。その先に性行為における不具合を取り除くように医薬品を用いるようにするのがベストだろう。

男女関係はそんなに悪くなく、性行為の際に女性が性的に興奮しているのに、快感度が低くなっていると感じている場合にウメラを用いるのが良いといえる。

ウメラについてです。ウーメラともいわれます。
女性用バイアグラと言われるアイテムについて、今回はとあるサイトから内容を引っ張ってきました。
いくつかの点を見ていきたいと思います。(多少文面を変更してあります)

ウメラは女性の性的興奮障害や性機能障害に真剣に取り組み、性的な欲求を満足させるために、バイアグラの成分であるシルデナフィルを用いて考案された薬品です。

成分
クエン酸シルデナフィル

薬の作用と効果
ウメラは膣及び外陰を潤し、必要な女性の生殖器の血流を良くして、性交中の快感を増強します。女性の不感症の治療に生理的に有効なな女性用バイアグラとして開発されました。但、効果には個人差があります。

使用方法
ウメラは経口薬です。服用後およそ45分後に効き始めます。通常4時間~6時間効果が持続します。推奨量以上を飲むと副作用がひどくなる可能性があります。

保存方法
25度(常温)で保存して下さい。短期間であれば15~30度でも保存可。
熱、湿気、日の当たる場所の保存は避けて下さい。
子供の手の届かない場所へ保存して下さい。

副作用

一般的な副作用として頭痛.めまい.顔のほてり.消化不良(胃痛.むかつき).鼻水.鼻づまりが起こる可能性があります。その他視覚が鈍る(光に敏感になる、視界が青くなる)等。バイアグラ・レバチオの天賦文書に載せられている副作用と同様です。

どのような場合でも副作用がきついと感じる場合には医者に相談することをお勧めします。本来は心臓の近くの血管に作用するアイテムとして開発されたシルデナフィルです。また、医師による処方であるにせよ、個人輸入で手配したものであるにせよ、ウメラというシルデナフィルを用いている医薬品を摂取したときちんと伝えてください。
また、同時に何らかの医薬品を服用した場合にはそのことも、食事にどのようなものを摂取したのかもきちんと医師には伝えてください。



使用上の注意事項

ウメラを一日に服用できる回数は一回のみ。それ以上の服用は厳禁です。
アルコールとの併用は控え、現在服用中の薬がある方は医師に必ずご相談ください。

薬なので服用については、あらかじめ医師の診断を受ける事をお勧め致します。またお薬の詳細については、医師または薬剤師にお尋ね下さい(日本国内ではウメラあるいは女性用バイアグラとしての登録はされていないので、薬剤師や医師が正確に返答を出せない場合もあります)。
個人輸入医薬品となりますので使用にあたっては、ご利用者の自己責任となりますのでご注意ください。
詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。



以下は同じサイト(ページ)に載っていた「あれ?」と思う内容です。

利点

血液中のテストステロンのレベルを高めます。
性欲を高め、性欲を取り戻し、女性へ性的な満足感を与えます。
感度を高める事によって、何度もオーガズムに達する事ができます。
50歳の前の子宮摘出および閉経の女性に有効です。

※シルデナフィルでは性欲は高まりません。性器周辺の血流が良くなることで、感じていると思うことにはなっても、それは副次的な効果であり、性欲そのものの高まりは別の要因で起きると考える方が良いでしょう。

性的興奮
また不感症に悩む性欲を向上し蘇らせ、セックスへの興味を高めます。
心理的に不感症から立ち直らせること


※PDE5阻害薬には心理的に性的な興奮を引き起こす効果はないことになっています。
別の成分が入っているなら、心理的にも作用する可能性はあるのでしょうが、そのような記述は見たことがありません

服用
1回飲み忘れたら、その分は飲まずに、
次の回から通常の量を飲んでください。また、1回に2錠飲まないで下さい

※服用は性行為の前に服用するものであり、定期的に飲むものではないので、避妊用のピルなどと異なり、飲み忘れは考えないでも良い薬です。



ウメラは女性の性器付近の血流をよくし、性交時にも性器を充血させ、行為中に感度を高めると考えるのが良いでしょう。性的興奮が起きると一酸化窒素が分泌というか、発生して、それが引き金となって血流が多くなるのですが、そういった方面にはシルデナフィルは働かないということです。

女性用のバイアグラのウメラ。
「このアイテムって実際のところどうなの?」

という疑問を持つ人もいるでしょう。
ウメラについて大まかに説明することはできても、医薬品なので宣伝はできない。
うーん、日本の法律って難しい。
説明と宣伝の違いもよく分からないし、何でもどんな効果がありますよとか言うのもダメらしい。

まあ、誇大広告が多すぎるし、健康に関するものだから多少は厳しい方がいいのかも知れないけど。
で、とある筋からウメラってどれくらい売れてるのかを聞いてみた。

なんだか毎日のように売れてるらしい。
バイアグラを利用するのは男性だけど、女性のための性行為の補助薬として使ってみてる人は多いってことですね。
成分はシルデナフィルで、基本的な役割は血管を緩める働きを停止させる酵素を阻害するらしい。
面倒くさいから簡単に言うと、血流が多くなる。特に性器の周辺と心臓の周辺の血管に働きかけるらしい。

で、実際に買った人は、再び購入することが多いみたい。いわゆるリピーターってことだけど、かなりの率らしい。実女性用バイアグラと言えるものがウメラくらいしかないって言うのもあるんだろうけど、使うならこれって決めちゃう人が多いようです。

要するに使ってる人は多いってこと。

このページのトップヘ