バイアグラの特許が切れたので、色々なメディアも何を書こうかとネタを探しているだろう。
性欲とお金の絡むこと、さらに最先端の医療など、人を曳き付ける要素が絡まっているからだ。

一方、女性用のバイアグラはどうなっているのだろうか。
実は、ここのサイトで書いてあることをきちんと読んでいれば、女性のための性的不全の改善薬というものがFDAでは認可されていないことが理解されているはずである。

それにも関らず、私は女性用のバイアグラなら、ウメラだと何度も書いている。
理由はこのサイトを何度も読んでいれば理解されると思うが、性器の周辺の血流を促すことによって性的な機能がきちんと働くという機序がバイアグラの働きと重ねることができるからだ。

その他の女性用バイアグラと言えるものは、ダイフルカンといわれるアイテム。だが、これは、膣内の潤いを増すと言うことで性行為の際に痛みが減ると言うものであり、本来の働きは感染症の緩和だ。

もう一件フリバンセリンという薬だが、これは性機能というよりは脳神経の分野だ。
考えようによっては媚薬ともいえるのだが、女性が性に対して否定的である場合に、その感情を減らして、性行為を肯定的に捉えるようにさせるようだ。

フリバンセリンを女性用のバイアグラとしてFDAに認可してもらいらしく、そのことでニュースとなり、何度か取り上げられている。しかし、続報がなかなか入ってこない。治験中なのかもしれないが、前向きなのか、厳しいのか、やはり興味がある。

バイアグラの成分、シルデナフィルの特許が切れたことで、色々な国でバイアグラのジェネリックが作られることになるだろう。
その中には女性用として再度チャレンジする製薬会社も出てくるかもしれない。
認可されるまでには様々な治験が必要になるが、その中で本当に有効なものも現れるだろう。

たとえ、今は認可されていなくても。

そういう観点で私は女性用のバイアグラはウメラだと考えている