ウメラは女性用のバイアグラとして人気が高い。

しかし残念なことに日本では正規には医薬品として流通していない。
厚生省が女性用の性障害の治療薬として認可をしていないからだ。

成分そのものはシルデナフィルであり、この成分は麻薬でも劇薬でもなく、認可されている。
しかし女性用の性行為の改善薬としては認められていない。

何故なのだろうか。
男性用の障害改善のための薬は3大ED治療薬の他にもFDAでは認められているものが結構ある。
しかし女性用のものはないと言われている。

先日フリバンセリンを登録しようとしている会社が、この認可の差は男女間の差別だという訴えを出した。
私の考えだと、精神的な部分を左右する薬で女性の性的不備を治療するというのはさすがに無理があるのではと思うのだが、こういうのも言ったもの勝ちなのだろうか?

私は女性が肉体的に少し衰えてきたときに使うのはウメラが良いと思っている。
そしてそれは海外から個人輸入するしかない。

巷には女性用の精力剤、媚薬といった類のものも結構ある。ハナチやシュアーロマンスなども女性用の優れたアイテムだといわれている。
だが、器質性の女性の性的不具合は、ウメラを利用するのがベターだと思われる。
他のアイテムも結局は個人輸入に頼ることになるのだから。