ED治療薬として有名なのはバイアグラ。
その次が多分シアリス。そしてレビトラとなる。
ここに来てステンドラというアイテムも登場している。

これらは全て勃起不全、一般的にはEDと略される、に対して効果のある薬である。
この薬を使うとどうなるのか?
起たなかった男性のアレが起つようになる。

ここまでは実に簡単である。
でも、そのアイテムを女性に使うと?

女性に使っても勃起はしないだろう。
勃起するためのものがないからだ。
役に立たないのか?
これは微妙である。
女性用のバイアグラと言われるウメラはバイアグラの成分のシルデナフィルを利用している。

そしてそれを用いることで女性の性行為に対する快感度が上がるようではある。
私は男性なので上がっていると断言することはできないが、一度ウメラを利用した女性はまた利用する傾向が強い。ウメラを利用するのはある程度年齢が行っている場合か、精神的にちょっと性行為に抵抗のある人なのだろう。
若くて多感で、性行為に対してもともと積極的であれば、薬は必要ない。
年を経て薬を利用するならば、若返るということはないのだから、機能は通常は更に衰えていく。
なので、一度使って良い結果を得られた女性は年を重ねるにつれても同じウメラを利用することになる。

精神的な場合はどうだろうか?
実はこっちも続けて使いたがることになる。
変な話だが、女性は性欲があるにも関らず、性行為に積極的になるために何らかの言い訳をしたがる。
簡単に言うと飾りたがる。

そんな女性は実は機能は問題がないが意識の問題で、「薬を使ったからいつもよりも積極的になってしまった」と男性に語ることもできるのだ。

男性がその女性と更に楽しみたい場合には、「もともと好きなんじゃないの?」などと冷やかさない方が良い。
むしろ「そうか。薬って効くんだね。でも楽しかったよ。次も使ったらもっと燃えるかもね」と
いう感じでさりげなく肯定と次回を匂わせるのが良いだろう。
次の時にもウメラを利用するかもしれないが、その場合、「薬使うと、やっぱり燃えちゃうね」という感じで女性のバリアーを外せば、女性もこれまで以上に積極的になるだろう。

ウメラは実際には媚薬には分類はされないが、そういった精神的なバリアーを下げるために用いる人はやはり遣い続けることになるだろう。

私の見る限りではウメラを利用して、定期的に手配をしている女性は多いように思える。