ウメラのblog

このブログはウメラについて書いているので、やっぱりメインは女性のFSDに対して書くべきなのでしょう。

さて、このブログの著者、つまり私ですが、少し忙しかったのでブログの更新が遅れています。
まあ、大して人が来ているわけでもないので、どうかなぁなんて思うこともあるのですが、続けることでそれなりのリピーターがついてくれることを期待はしている。

さて、私もそろそろ本格的にウメラのための細かい内容を整理してもっと読みやすいブログを創りたいと思っています。

さて、新しいことを書くつもりはないのですが、アダルトグッズの販売サイトでサプリとして女性用の媚薬?が取り扱われていることもありますが、成分に何を使っているのか時々心配になる。

○○成分配合とか書かれていても、良く考えるとその成分が何で良いのかが明確でなかったりする。

女性用に使える天然の成分としてアシュカワンダとか、トンカットアリとか、含んだものもあるけど、これらは精力剤の成分です。

対してウメラの成分はシルデナフィル。
最初から医薬品、科学的に合成されているものであることが理解されているものであり、さらにバイアグラなどで男性の勃起不全に対して効果があることは認められている。

その成分は元々は血管へ作用する薬として用いられていたもので、そのときにはとくに男女分けられて確認されていたわけではないようです。
レバチオという名称の薬がありますが、バイアグラとの成分の違いはほとんどなく、錠剤として、添加物などの成分を比べても、添付文書を見る限り、成分はほとんど同じものが使われています。(配合の分量は一般には不明で、その他の違いは色を付ける成分くらいです)

女性がある程度の年齢になると、やはり性的に感じにくくなる人もいるようですが、そういう場合、男性の勃起不全と同じようなシステムの場合もあるのではないでしょうか。
感じるために必要な部分に必要な血液が足りない、あるいは、一度充血してもそれを早く解消するためにPDE5が強く働いてしまう(というより、その働きに血液供給の機能がついていけなくなる)などで、ちょっと感じにくくなっているかもしれません。

そういう人はシルデナフィルを使うのが良いでしょう。

ウメラについて少し載せてあったサイトを紹介しておきます。

http://supplimarket.net/womera
いろいろと取り扱っていて、たどり着くのが大変なサイトだけど、
このサイトでちょっと細かく書いてあるようです

バイアグラの特許がきれそろそろ一年になる。
日本国内でも正規ジェネリックバイアグラというものが出ている。
製造するということで申請した会社も結構あるようだ。

これは結局はどういうことなのだろうか?
バイアグラの成分であるシルデナフィルをどこででも作ってよいということなのだろうか?

実はそうではない。
ED治療薬としてシルデナフィルを用いることができるようになったということである。
新しい用途の場合、別の利権が絡むと考えるべきだろう。

逆に特許として抑えても関係諸官庁がそのための用途に認可を出さなければ、投資した金額は無駄になる。
今後シルデナフィルを用いてFSDに対する研究は進むのだろうか。

女性用バイアグラとしてフリバンセリンが何度も申請をしている。ある意味ムキになっているようにも見える。
これまでにかかった費用を回収したいという思惑もあるのだろう。
最初に作った会社はこの製品に対する権利を別の会社(スウプラウト)に売却した。それで、製薬会社はある程度のもとは取れたのだろうが、買ったほうとしては自分たちの計画通りに進めなければ、赤字である。
そんな思惑のある薬だが、本当に効くのであれば認可されて欲しいとは思う。

翻って、ウーメラはどうであろうか。シルデナフィルは元々循環器系の薬であり、男性、女性のに対しての違いはないところで利用されるためのものである。
元々男性用のED治療薬であるとされているが、更にさかのぼると、シルデナフィルは循環器系の薬である。
それが男性に特別な用途で利用できるようになったのであるから、少し改良すれば女性用にも利用できるはずである。
生殖器の違いをきちんと考慮する必要があるが、元々別の用途では性差は問題がなかったのであるから、ある意味ではハードルが低いといえる。

そんな意味で、女性用に特化されたウーメラが女性のためのバイアグラとして優位にあるといえるだろう。
今後新たな薬が出ることも大きく期待したい。

またですか?
「股」ではない、いや、股にかかることですけど・・・・
などどいって茶化したくなる記事を見た。

女性用バイアグラとして申請三度目
なんのことでしょう?
はい。ダイフルカンですね・・・

ブー、ハズレ。
フリバンセリンです。

だからぁ、女性は勃起しないんだってばさぁ・・・。
いや、小さいけどあるよ、しっかり起つし、場合によっては男のあれより・・・

話がずれてますね。はい。反省。

と、何が言いたいのかというと、フリバンセリンを女性用バイアグラとして、認可させたいスプラウト社が再度FDAに申請したということです。
えっとぉ、フリバンセリンは抗欝剤ですよね。それで性行為の際にハイになって気持ちよくなることで、FSDの解決に使えると・・・。何か違う気もするし、それでもいいのかもという気もする。

で、確認していたら、更におかしいことが・・・・
簡単調べ物帳として使っているウィキでフリバンセリンを調べると、媚薬になってました。

えっとぉ、最近のネット情報って信用できないなぁ。
違う違う。まったく、フリバンセリンを再度女性用バイアグラに申請とか聞くと、つい過剰な反応をしてしまう。

確か、ドイツの会社で発明か発見されたフリバンセリンを、どこぞの会社がFSDの対応のクスリにつかえると見込んで買って、FDAの認可が下りなくて、「女性用の認可薬がないのは差別だ」とか言わせて、それでも駄目で、今回三回目でしょ。

通るのかなぁ?って感じ。女性用に認可されないのは差別だとかって言っちゃうような会社の薬って逆に怖いと思うんですけど。「性能的にこれだけの結果と安全性が担保されているのに何で?」っていうのが言い分なら、私も応援できるけど、男女差別になるから認めろって言うのは私には認められない。

女性のホルモン的な問題が起きれば、将来生まれてくるであろう子供への影響も心配されることになる。
これまでの流れを考えると、フリバンセリンをFSDのために認可するということはちょっと怖い気がする。

機能的に使うのであれば、血流をよくするバイアグラの成分を利用して女性用として考えなおして製造されている、ウメラではないだろうか?

このページのトップヘ