ウメラのblog

とあるサイトを見ていて、「え?それなら、認可されないんじゃないの?」と思ったこと。
女性用のバイアグラとしてのフリバンセリン。

「書いた人間」がどこまで調べたのかは分からないけど・・・

脳名物質のバランスを整えると、女性は性欲を増すとか・・・

てか、幸せな気分にさせるための薬だとしたら、それは麻薬であって、続けて使ってると常習性が生まれて、やがてはジャンキーになってしまうのではないのだろうか?

確かに性行為には幸せな気持ちが必要だろうが、実際にはどうなのだろうか。

覚醒剤に近い薬は、人間の気合だけでは押さえ込めない。それは、人間が自力では空を飛べないのと同じくらい科学的な要因が絡んでいる。
それを知っていると、脳内での幸せ物質を出すことで性行為を助けるというアイテムであるという結論であるなら、責任のある公共機関はそれを認可はしないだろうと私なら考える。

まあ、何故麻薬は気合で止められないのか?ということであるが、本来は脳自身が幸せ物質を作り、その量に対しては一定のバランスで製造を停止する。

幸せ物質を撮ると、脳はその分の製造をキャンセルする。
そしてそこから問題が始まる。その問題とは、前回このくらいで作って十分だったので(外から摂取した分を合わせたからなのだが、それはカウントしない)今回もこれくらいで良いだろうと、判断をし、作る量が減る。

例えるなら、外でお菓子を買い食いした子供が家で母親が作ったご飯をいつものようには食べなかったとする。そして翌日、母親は作るご飯の量を前日の食べた分を基に、食費の計算をしなおし、翌日から少ない量の料理を準備し始めるのだ。
子供が足りない分をさらに外で食べて帰ってくる。そして、母親のご飯を残す。
母親はさらに食事を減らす・・・。やがて母親は殆ど食事を作らなくなり、子供は毎回買い食いをしなければならなくなる。
なぜかは分からないが、一度作る量が減ると、その後増量はしないらしい。

これで常に脳は常に幸せ物質が不足している状態になる。そしてそれは不快感を伴うものであるので、その不快感を解消するために、外部からの幸せ物質を補わざるを得なくなる。そうでなければ不快感でやってられなくなるからだ。

幸せ物質を作ったりするために必要な薬は、過剰な摂取をするとその後の人生を狂わせることになる。

意識やものの感じ方についてはまだまだ理解されていないところがある。
科学としての脳の働き方は、脳内分泌液による化学反応という形で理解され始めていはいるが、まだまだこれからの分野でもある。

脳内物質のバランスを取り戻すというのはどういうことなのだろうか。また、バランスを取り戻すと性欲が湧くというのは本当なのだろうか。
そういうことにもまだまだ疑問というか、スッキリと理解できないことは多い。

さらに言うなら、幸せな気分で性行為をすることが不感症や性機能の回復をもたらすのか、あるいは性行為で幸せな気持ちになるのか。この二つの点がどのように深く絡み合っているのか、因果関係をきちんと把握できるのだろうか?とう点も大きな疑問点として残る。

簡単に幸せな気分を求めることには、注意が必要である。

医薬品、特に勃起治療薬に関するものに対して調べているうちに、若い頃勘違いをしていたんだなぁと思うことがある。
性欲に関することもそうであるが、今回はニトログリセリンの働き方について書いてみたい。

ニトログリセリンが、心臓の悪い人に用いられることがある。
ニトログリセリンの運搬自体は、爆発するかもしれないということで運転手や関わる人間にとって「心臓に悪い」と言うことはできるが、そういったことではない。

心臓病に対してというか、体内に入ったニトログリセリンは、一酸化窒素を供給するということで働くのだ。
で、何を勘違いしていたのかというと・・・
私はニトログリセリンが体内で小規模な爆発を起すことで、一種の心臓マッサージとか、血管中で爆発をして無理やり血液を押し出す働きをしていると思っていた。また結石に対しても石そのものを爆破するのだと思っていたのだ。
要するに、体内で働くダイナマイトという考えでいたのです。

しかし、今考えると、ずいぶんな勘違いだと思う。
それに、ものすごい精密な技術がこめられていることになる。
というのも、欲しい箇所で爆発を起させるだけの仕組みを生体内で発生させなければならないからだ。

実際の働きは、一酸化窒素が供給されると血管が拡張される。
この働きのゆえに循環器系統の疾患に対して、一時的に血液の流れを良くさせることで、一時的な措置を取れるということだ。

そして同じようなことは一酸化窒素を提供する薬剤であれば、行えるということである。
亜硝酸アミルなどでもよいわけで、引火性は強いらしいが爆発するというような危険性はあまりない

こういったことは、若い頃の偏見で、勝手に思い込んでいたことである。
もしかしたら実際のニトロの働く形をどこかで読んでいたかもしれないが、先入観で思い込んでいたのかも知れない。

こういったことはまだまだあるかもしれない。
現在は、ちょっと知りたいと思うことはネットで知ることができる。
日々勉強をし続けて、こういった薬に関することも正確に把握するようにしていかなければならないだろう。

前にも何度か書いたのだが、フリバンセリンが女性用のバイアグラとして米国のFDAに登録の申請をしている。
私は認可されないだろうとの予想をしていたのだが、それが覆されることになるかもしれない。

私が認可されないであろうということの理由は、「女性用のバイアグラが未だに一つもFDAに認可されていないのはおかしい」というアプローチがあったからだ。
これは薬の効能に対してどう効くから、また、安全の面ではどうこう、という本来の薬に必要な認可の範疇を超えているものであり、それを理由に「認可しないのはおかしい」というあぷろーちがだったからだ。

情に訴えての薬の認可は正しいアプローチとはいえない。
それをわきまえていなければ、認可はされ難いというしかない。

だが、最近あった会合?で認可される方向に向かっているとの報告があったらしい。
副作用に対する確実な措置を準備すること、基本的に医者の処方の下で利用されるべきであることなどが条件となるようだ。

しかし、女性用のバイアグラは私としてはやはりウメラだと思う。
理由は成分がシルデナフィルだからだ。

しかし、私としても女性用の安全なFSDの解消薬が認可されることは歓迎をする方向ではある。
この薬(フリバンセリン)は血流などの関係と別に、メンタルに働く成分である。

これがどのような機序で女性が感じやすくなるのかはまだよくは分からないが、概ね「女性の性行為への感じ方の働きはメンタルによるものが大きい」と結果付けることになるのだろう。

今後男性はこういった薬を利用することで女性の性行為での満足感を与える機会が増えるだろうが、薬に頼らないで自分の言葉や行動で女性をその気にさせることが最大の媚薬だといわれる日が近いのかもしれない。

このページのトップヘ