ウメラのblog

女性用のバイアグラのウメラ。
「このアイテムって実際のところどうなの?」

という疑問を持つ人もいるでしょう。
ウメラについて大まかに説明することはできても、医薬品なので宣伝はできない。
うーん、日本の法律って難しい。
説明と宣伝の違いもよく分からないし、何でもどんな効果がありますよとか言うのもダメらしい。

まあ、誇大広告が多すぎるし、健康に関するものだから多少は厳しい方がいいのかも知れないけど。
で、とある筋からウメラってどれくらい売れてるのかを聞いてみた。

なんだか毎日のように売れてるらしい。
バイアグラを利用するのは男性だけど、女性のための性行為の補助薬として使ってみてる人は多いってことですね。
成分はシルデナフィルで、基本的な役割は血管を緩める働きを停止させる酵素を阻害するらしい。
面倒くさいから簡単に言うと、血流が多くなる。特に性器の周辺と心臓の周辺の血管に働きかけるらしい。

で、実際に買った人は、再び購入することが多いみたい。いわゆるリピーターってことだけど、かなりの率らしい。実女性用バイアグラと言えるものがウメラくらいしかないって言うのもあるんだろうけど、使うならこれって決めちゃう人が多いようです。

要するに使ってる人は多いってこと。

このブログではウメラについて取り上げている。
このウメラとは何であるか?

ネット上でウメラ、ウーメラ、ウメーラといわれるこのアイテムは、日本語として権威あるところから名づけられているものではないので、上記いずれかの名前で呼ばれる。

これは女性用バイアグラと言われる。
バイアグラについて知っている人間にとっても、女性用バイアグラと言われて、その言葉が何を意味するのかいくつかの可能性を考慮することになる。

広い意味で、性行為のお助けアイテム。
だが、これだけだと、女性用の媚薬一般もそのカテゴリーに含まれてしまう。
私はウメラこそ女性用バイアグラと言われるのに相応しいアイテムだと考えている。

ということで、まずはバイアグラについて知ってもらうことから始めたい。
バイアグラの成分はシルデナフィルという。これは「血流を増やすシステムを終わらせる働きを妨げる」。
面倒くさい表現であるが、おそらく一番短くて正確な表現だと思う。

これによって、血流が増える状態が保たれることになり、男性の場合勃起が保たれる。
この言葉を色々といじってもらっても構わないが、言われていないことも気にして欲しい。

どういうことかというと、まず「血流を直接増やすわけではない」ということ。
血流を増やしたい場合は、別の要因が必要となるのだが、それはバイアグラの役割には含まれていない。
よく、バイアグラを飲んでも性的な興奮がなければ勃起は引き起こされません。と書かれているが、そういうことである。
さて、PDE5阻害と言う言葉に馴染みのある人もいるだろうが、PDE5そのものが血管に関るわけでもない。
PDE5はある物質の働きを終了させる。これによって、勃起状態から萎むことになる。しかし、この機能がないと、血流が常に多く流れすぎることになる。これ自体は必要な働きである。
PDE5を阻害することで、勃起に必要な血流が流され続けることにより、男性の場合には勃起が継続されやすくなるというのが、バイアグラの働き方だといえるだろう。

さて、ウメラだが、このシルデナフィルを用いている。
勃起すると言うことではないが、女性が興奮してもやはり動悸が早くなったり、血流が増したりはする。
それはやはり性行為への準備の一環であるといえる。
その状態をシルデナフィルにより続けるということになる。

PDE5は心肺の周辺や性器の周辺にて結構働くといわれている。
もともとは心臓系の治療方法としてPDE5の阻害と言うことを実験して生まれてきた薬であったのだが、性器周辺の血流に副次的な働きとして勃起を引き起こしやすいということが分かった。
これを女性用に適応できないかとして考えられたのがウメラである。

女性の性器周辺へ性的な興奮が起きたときに増えた血流を減らさないために用いられるといえる。
これは、女性が性的な興奮を薬によって得るわけではないが、男性との関係で少し興奮をしたら、性器周辺の器官が充血し始め、それの状態が続くと考えても良いだろう。

人間の器官は複雑であるといわれているが、色々な液体と平衡、信号による分泌物の増加と、ブレーキなどが関っている。体液には大きく二通りあり、血液のように循環しているものとリンパ液のようにそれぞれの器官でそれほど移動しないものがある。
性行為に対する興奮を感じた際に、大抵の人間は血流が増える。そしてうまい具合に生殖器の働きが活発になり、性行為を強くしたいという気持ちになる。この欲求がどのような機序で働くのかは今も不明確な部分が多いが、ある種の満足感が与えられると、この欲求も解消される。その働きに関っている分泌物もあるのだろう。

積極的に実験されたいと思う人は少ないだろうから、(性行為は本来は秘め事なので)確認は難しいだろう。
だが、男性用で既に勃起用としても活用できるアイテムを女性用に利用することは十分に理論的である。
そして同じシルデナフィルを用いてPDE5を阻害して性行為を補助すると言う点で、ウメラは女性用バイアグラと言うのに相応しいといえる。

その他に女性用バイアグラと言われるものにダイフルカン(ジフルカン)、フルコナゾールがあるが、働き方として考えるときに「それはちょっと違うんじゃないかなぁ」と思わせられる。
女性の性行為を助けるということに対して疑問を挟むものではないにしても。

女性用のバイアグラなら、ウメラだと私は書いています。
しかし、このウメラというアイテムを知っている人はまだまだ少ないようです。

このウメラは何を目的にしているのでしょうか。
まずはイメージについてから考えてみます。

「バイアグラって何?」と聞かれてきちんと答えることのできる人間はどれくらいいるとかんがえられますか?。
バイアグラって男の人のあれを硬くする薬だよね。という程度の認識で考えている人が多いでしょう。
そしてそれはある意味間違いでははありません。。しかしそれだけでは不十分です。

少し詳しい人はバイアグラは勃起不全の対処のために初めてFDAというアメリカの権威筋が認めた薬であり、これにより、勃起しにくい人はバイアグラで勃つようになるとの朗報を得たことを認識しています。しかし、どのような働きで男性の勃起を引き起こすのでしょうか?
これを知らないと、女性用バイアグラと言う言葉を聞いても、それがどういう意味であるのかを知らないまま薬を使うことになりなねません。

世の中には、「そんなことは知らなくても楽しめるのだから問題ない」と考える人もいるでしょう。
ですが、楽しむためだけの理由で他の薬などを併用し、結果として苦しい思いをしてしまうこともあるでしょう。

バイアグラやそれに似た医薬品はPDE5阻害薬といわれ、硝酸系の医薬品と併用は禁止されています。
行っては行けない措置(ある薬と別の薬を一緒に服用するなど)を禁忌と言います。薬の複数同時服用全体が禁忌だということではありませんが、組み合わせてはならないものが禁忌なのです。

それゆえに、このウメラに含まれている成分が何であるのかを知っておくことは大切です。
ウメラに限らず、女性用バイアグラと言われるものの種類を把握しておくことも大切です。

ダイフルカン(フルコナゾール)、フリバンセリン(抗欝剤)といわれる医薬品も女性用バイアグラと言われることがあります。
いずれも女性が用いると性交時にプラスに働くとされています。
女性だって性行為を愉しむべきですし、性行為は拷問ではないのだから苦痛を伴う性行為よりは快感を求めるのは至極真っ当なことです。

それでも、薬は薬、禁忌や注意をきちんとして用いなければならないのです。
ウメラ(ウーメラ、ウメーラ)はバイアグラの成分であるシルデナフィルを用いています。
日本では残念ながら正規の流通手段がない(女性用の性交補助用の薬として厚生省が認可している薬ではないので資格のある医療機関などでは所持できないようです)のでウメラを手配するのは個人輸入という形になります。

さて、手元にピンクの錠剤が届いたときに、説明書が日本語ではないでしょう。
情報を入手するのに困ってしまったばあい、どのような解決の方法があるのでしょうか。
それは日本語版のバイアグラ、或いはレバチオの添付書類を見るのが一つの方法となります。

対応するべき症例が違うので全く同じというわけには行きませんが、シルデナフィルという成分に対する注意事項には共通するものがあります。
レバチオ
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2190028F1021_2_04/
バイアグラ
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/259000AF1024_2_03/
シルデナフィルクエン酸塩として、
http://www.info.pmda.go.jp/fsearchnew/fukusayouMainServlet
こういった情報を見ることで、ウメラの注意事項も知ることができます。

何をするとどれくらい危険なのかといのも、バイアグラと同程度であると考えれば良いでしょう。

本題ですが、ウメラは何を目的としているアイテムなのでしょうか。
女性の性機能が落ちていると思われる場合、性器付近の血流を良くし、感じやすくさせるというのがその主だったものとされます。
この手のことであれば本来は男性がきっちりと前戯を行い、女性がしっかり興奮すれば良いのでしょうが、インスタント・マニュアル頼りのこの時代においては、男性がきちんと自信を持って女性と性行為を導くのも難しくなってきているようです。。

そんなこんなで女性が性行為に対して楽しめないと思い始めると悪循環に陥る場合もあります。
そんなときにウメラを用い、少しの興奮で性器付近の血流が良くなることで感度も良くなり、必要な潤いを供給する女性の性機能も働きやすさせる。そうすることで女性が今までにない楽しさを得ることができるようになります。

ウメラはそんな形で機序すると考えられています。
女性としての感じ方が悪くなってきていると思う女性、は使ってみることを検討してみてはどうでしょうか。
また、前ほどパートナーが愉しんでいないと思う男性は、ウメラを用いて再び性行為を楽しめるようにしてみるというのも一つの選択肢といえます。
勿論、相手の女性と相談をした上でですけどね。。

このページのトップヘ